第257話『いちごパンティーをもう一度』

提供: 久米田康治ワールド Wikiサイト
ナビゲーションに移動 検索に移動

かってに改蔵各話リスト


第257話『いちごパンティーをもう一度』[編集]

1975年8月にフォーク・グループのバンバンがリリースしたシングル「『いちご白書』をもう一度」が元ネタ。作詞・作曲は荒井由実(ユーミン)である。

作品情報[編集]

2003年 月 日発売、週刊少年サンデー第45号に掲載。


P21[編集]

扉絵[編集]

扉絵内の文(あおり文)[編集]

しえちゃん扉絵初登場(ハート)[編集]

一見さん大歓迎GAG[編集]

P22[編集]

欄外(雑誌掲載時のみ)[編集]

スポーツの秋といえば…そう、運動会(ハート)[編集]

P23[編集]

4コマ目[編集]

勝改蔵「自由民権運動だとか、交通安全運動だとか…不買運動だとか…8020運動だとか!!」[編集]

自由民権運動
明治時代に憲法の制定や議会の開設、言論の自由を求めて起きた社会運動。
8020運動
1989年より厚生省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動。20本以上歯があれば食品の咀嚼が容易であり、日本人の平均寿命が80歳であることから、生涯自分の歯で食事することを数値化した目標である。

P24[編集]

4コマ目[編集]

選手「条約締結反対ーーっ!!」[編集]

日米安全保障条約の締結への反対運動、いわゆる安保闘争のイメージだろうか。

P25[編集]

1コマ目[編集]

応援団「赤勝て!! 赤勝て!!」[編集]

赤が共産主義のイメージであることから。

2コマ目[編集]

玉入れ
あさま山荘事件において、連合赤軍が立てこもったあさま山荘に突入するため、鉄球で壁を破壊した場面
棒たおし
つなひき

P[編集]

コマ目[編集]

P[編集]

コマ目[編集]

P[編集]

コマ目[編集]

P[編集]

コマ目[編集]

P[編集]

コマ目[編集]

P[編集]

コマ目[編集]

P[編集]

コマ目[編集]

P[編集]

コマ目[編集]

P[編集]

コマ目[編集]

P[編集]

コマ目[編集]

P36[編集]

1コマ目[編集]

「自由落下運動会」[編集]

重力以外の力が存在しない状況における物体の運動を、自由落下運動と呼ぶ。

欄外(雑誌掲載時のみ)[編集]

自由落下運動(物理用語)は距離に比例して加速度が増していきます。いくら革命の志士といっても…[編集]

自由落下運動において加速度は一定であり、時間に比例して速度が上がっていく。


かゆいところ[編集]



コメント欄[編集]

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。

  1. comment

第257話『いちごパンティーをもう一度』~