4話『僕の前に人はいない 僕の後ろに君はいる』

提供: 久米田康治ワールド Wikiサイト
2021年3月5日 (金) 09:10時点における川口ゲン (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「<!-- &tag(さよなら絶望先生,さよなら絶望先生各話,さよなら絶望先生第一集);<br /> --> <div style="text-align:center">← 3話『トンネ…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
← 3話『トンネルを抜けると白かった』5話『ヒジニモ負ケズ ヒザニモ負ケズ』 →

4話『僕の前に人はいない 僕の後ろに君はいる』
(ぼくのまえにはひとはいない ぼくのうしろにきみはいる)
[編集]

タイトルは高村光太郎の詩集『道程』より。
僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる」から。

作品情報[編集]

2005年5月18日発売、週刊少年マガジン25号に掲載。


P44(単行本時追加ページ)[編集]

扉絵[編集]

切り絵は、糸色望と電柱に隠れる常月まとい。電柱の看板に「渋谷」の文字。
外枠四角は首を吊っている糸色望。上は後ろから、右には右からの、左には左構図の糸色望の影。
下には正面から見た風浦可符香

P45[編集]

電信柱[編集]

スグソコ 17km[編集]

地方だと、このような看板がよくみられる。

パットローン お金はパトロン[編集]

@ローン 三井住友銀行グループの個人向けカードローン。 パトロン(芸術家などのスポンサーである金持ち)ともかかっている。

2コマ目[編集]

*井総合病院[編集]

石神井総合病院かってに改蔵最終回で出てきた精神病院。(→久米田ワールド

3コマ目[編集]

家の中[編集]

窓から見える人影はたかし。たかしの趣味から察するにエキスパンダーで大胸筋を鍛えているところ。

4コマ目[編集]

常月まとい「いま‥‥ 会いにゆきます」[編集]

市川拓司の小説『いま、会いにゆきます』から。 この作品の映画版に主演した竹内結子中村獅童が現実にできちゃった婚をする。

P46[編集]

2コマ目[編集]

パトカーのナンバープレート「KC110」[編集]

KCは「警視庁」と「講談社コミックス」をかけている。 「110」は警察番号。 さらにいえば使用されている車両は1972年〜1977年まで生産されていた日産スカイラインの4代目モデル「C110」型、通称「ケンメリ」。 実際に警察車両として採用され、『西部警察』や『特捜最前線』など主に70年代後半から80年代前半の刑事ドラマでもよくパトカーで使用されていた。更に言えば、「天才バカボン」に登場するパトカーには「KC庁」という語句も登場する。

松葉 満 才野[編集]

藤子不二雄 A著『まんが道』 作中に登場する中華料理屋「松葉」と、作中人物「満賀道雄」と「才野茂」から。

P47[編集]

1コマ目[編集]

禁酒禁煙禁ポルノ[編集]

2003年、オーストラリアの学校内で教育ビデオ放映中、ビデオ終了後にポルノビデオが放映された事件から。


P48[編集]

2コマ目[編集]

可符香「ちょっとしたディープラヴですよ」[編集]

Yoshi著『Deep Love』より。 女子高生の今を描いたベストセラー小説だが、世間からは猛烈な批判を浴びている。理由としては、メッセージよりも内容の濃さの方が話題にしかならないこと、文章の稚拙さ、そして現実ではあり得ない描写が多いのに実話だと偽られていることなどが挙げられている。

5コマ目[編集]

糸色望「課長島耕作みたいのを言うんです!!」[編集]

弘兼憲史のマンガ『課長 島耕作』 親友の女や上司の妻などを寝取って成功する男の物語。

P49[編集]

2コマ目[編集]

確認事項 アツシの声[編集]

テレビ東京系列で2005年にアニメ化された『アイシールド21』の蛭魔妖一の声が ロンドンブーツ1号2号の田村淳であることから。

3コマ目[編集]

コーポ ラキッド[編集]

1985年にアニメ化された近未来SFギャグアニメ『コンポラキッド』。 同作品はもとはしまさひで作の漫画(週刊少年マガジン連載)であり、テレビアニメ化(1985年6月から12月までテレビ朝日系で放映)された。近未来世界が舞台のSF学園ギャグ。主人公のJRはわずか8歳の子供にもかかわらず教師になっており、ほのぼのホームコメディに近くドタバタ劇による展開がこのアニメのお約束だった。

4コマ目[編集]

Tシャツ「didas」[編集]

adidas スポーツ少年に人気の有名ブランド。

5コマ目[編集]

世界ふしぎ ザ・ワイド[編集]

世界ふしぎ発見』と『ザ・ワイド』ともに草野仁が司会の番組。

ビデオデッキ[編集]

しっかりRECになっている。

P50[編集]

3コマ目[編集]

糸色望「恋愛道とは死ぬ事と見つけたり!」[編集]

山本常朝作の『葉隠れ』内の一節、「武士道とは死ぬ事とみつけたり」より。 ウルトラファイトのキーラーも「怪獣道とは、生きることと見つけたり」と言っている。

4コマ目[編集]

マッチ「スナック うみ」[編集]

『かってに改蔵』に登場した名取羽美からだろうか?

瓶「睡」[編集]

眠り薬なのだろうか?

5コマ目[編集]

エンヤベスト[編集]

エンヤの項目を参照。

P51[編集]

2コマ目[編集]

草野仁関連グッズ。[編集]

  • 仁くん人形は、世界ふしぎ発見に出てくる問題解答人形。金・銀・銅がある。
  • ザ・ワイドは草野仁司会のお昼のワイドショー番組。
  • プロテインは、草野仁が学生時代にスポーツ万能だったことから。国体に出てもおかしくないほどの運動神経だったらしい。
    現在も「マッチョ」を売りにして番組を盛り上げることがあり、漫才コンビの浅草キッドと共に出演するテレビ番組『草野☆キッド』ではいかんなくその能力を発揮している。

4コマ目[編集]

朝刊フヂ[編集]

スポーツ新聞『夕刊フジ』のパロディ。 『いいがかり姉さん』で名取羽美が読んでいた新聞も同名のもの。

オグリキャップに矢口騎手騎乗![編集]

モーニング娘。のメンバーであった矢口真里が、俳優の小栗旬との交際が発覚したため、モーニング娘。を引退したことから。以後、ソロ活動で地道に芸能界で活躍している。

三木谷氏 毛 ぬぐ[編集]

IT企業「楽天」の三木谷社長のこと。
自身がオーナーをつとめる楽天イーグルスが球団成績不振のためにスキンヘッドにした。

SEED[編集]

次コマ参照。

5コマ目[編集]

テレビ内 「ライブドア 回転ドアに」[編集]

六本木ヒルズ森タワーの回転ドア事故のこと。2004年3月26日、六本木ヒルズ2階正面口の自動回転ドアに6歳児が挟まれて死亡する事故が発生した。これにより入口ドアが普通のドアに改築となった。
ライブドアは、この六本木ヒルズ内に本社を構えている。
この漫画が載った約7ヵ月後、社長である堀江貴文が回転するだけのCMが放送されることに・・・

テレビ内 上戸あやちゃん大人気 また表紙飾る[編集]

『かってに改蔵』最終回の載った『週刊少年サンデー2004年34号』の表紙は上戸彩だった。 そして『さよなら絶望先生1話の載った『週刊少年マガジン2005年22・23合併号』の表紙も上戸彩。仕組まれているかのような……

新聞 日本代表無監督試合 勝利へ[編集]

2005年6月8日、W杯アジア最終予選北朝鮮対日本戦では、治安上の問題から観客無しの「無観客試合」が行われた。そのことと日本代表監督の指導力のなさをかけたパロディ。

新聞 ザクロ100%? やった!?[編集]

週刊少年ジャンプ』で連載されていた『いちご100%』の西野と真中のムフフトーン使用時のこと。 少年誌としては(というより『週刊少年ジャンプ』としては)滅多にない男女の睦まじが行われた瞬間である。

6コマ目[編集]

A・優 復活 爆弾処理済[編集]

タレントあびる優のこと。
出演したバラエティ番組「カミングダウト」内で、昔の万引きについて激白。小売店一軒を廃業に追い込むほどの大規模窃盗であったにもかかわらずあっけらかんと過去の行状を披露したが、 当然世間の猛反発を浴び、しばらくの間、謹慎処分になった。
もっともその後平気な顔をしてテレビ出演しているのだが。

ちなみに、このような過去の汚点対策について『かってに改蔵』では不発弾処理と称し天才塾不発弾処理班が登場している(第56話『不っ発の日』)。

アクティブ連載小説 みさとちゃんの夢日記S[編集]

PCゲーム『みさとちゃんの夢日記』より。ギャルゲー。

バンナムSEED[編集]

機動戦士ガンダムSEED』+バンダイ+ナムコの組合せ。 バンダイとナムコの合併と、ガンダム関連のグッズはバンダイが出していることから。

C.B 続編 B.Cに?[編集]

「C.B」とは渡辺信一郎監督のアニメ『COWBOY BEBOP』、「B.C」とは矢吹健太朗の『BLACK CAT』ではないかと思われる。『BLACK CAT』は『COWBOY BEBOP』を模倣しているといわれており、『かってに改蔵』第275話『小金の錬金術師』でもネタにされた。

9コマ目[編集]

ポスター 悩み相談[編集]

藤子不二雄A著『笑ゥせぇるすまん』に登場する喪黒福造。 悩みの相談には乗るが、悩みを解決するワケではなく、面白がってむしろ傷口を広げてしまうことばかり。

P52[編集]

4コマ目[編集]

額縁「郎」[編集]

漫画家の藤田和日郎1話2話に続き登場。 本当に藤田先生のことが好きですね、久米田先生・・・

5コマ目[編集]

智に働けば が立つ。情に棹させば流される 意地 とかくに人の世は住みにくい[編集]

 夏目漱石著『草枕』冒頭

智(ち)に働けば角(かど)が立つ。
情(じょう)に棹(さお)させば流される。
意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。
とかくに人の世は住みにくい。

P53[編集]

7コマ目[編集]

ボーイズラ部募集[編集]

ボーイズラブのこと。

ジャズ部 やるべし[編集]

矢口史靖監督の映画『スウィングガールズ』(2004)の キャッチコピー「ジャズやるべ」より(東北の高校の設定)。

8コマ目[編集]

電信柱「326」[編集]

アーティスト326のこと。

13コマ目[編集]

ファックスの文字「エンドレス」[編集]

エンドレス。

14コマ目[編集]

[編集]

実際にはこんな欠け方はしないはず・・・。

15コマ目[編集]

湯飲み 嵐が丘[編集]

エミリー・ブロンテの小説『嵐が丘』(1847)。 嵐が丘と呼ばれる館で青年が聞かされる、40年前の激しき恋の物語。


P54[編集]

1コマ目[編集]

写真で糸色望が読んでいる本「まんが道」[編集]

藤子不二雄A著『まんが道』

2コマ目[編集]

again[編集]

再度常月さんを意識しているたかしの心境の表れだろうか。

P54〜55[編集]

効果音「ゴゴゴ」[編集]

荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』を代表する擬音。

P54〜56[編集]

電信柱に貼り付けてある看板[編集]

 焼酎シリーズ→ 魔王 したごころ 華奴 百年の孤独 人夢可酒

  •  魔王 鹿児島県 白玉醸造・芋焼酎
  •  したごころ 鹿児島県 若松酒造・麦焼酎
  •  華奴(はなやっこ) 鹿児島県 太久保酒造・芋焼酎
  •  百年の孤独 宮崎県 黒木本店・麦焼酎
  •  人夢河酒(ひとむかし) 宮崎県 松の露酒造・麦焼酎

P55[編集]

8コマ目[編集]

*田クリーニング[編集]

きっと、というか間違いなく前田くんでしょうw


P56[編集]

3コマ目[編集]

可符香「ハーメルンの笛吹きだ!」[編集]

1284年6月26日にハーメルンで起こった災厄をモデルにして、後年成立した民間伝承『ハーメルンの笛吹き男』のこと。

 1284年のとある日に、あらゆる色で着飾った
 鼠捕り名乗る笛吹き男、一人ハーメルンの町にやって来た。

 人々報酬と引き換えに、憎き鼠の退治を願い出た
 すると男は笛を取り、不思議な音を奏でだす。

 鼠の群れは惑い出て、ヴェーザー川へと導かれ
 鼠は全て川の中、見事退治を成し遂げた。

 街へ戻った件の男、事の次第を述べ伝え
 報酬これを求めるが、惜しくなった人々は約束これを反故にする。

 これに怒った笛吹き男、ハーメルンの街を後にして
 どこの空の下へやら、皆目わからずそのままに。

 やがて皆が男のこと等忘れた頃、笛吹き男は舞い戻る。

 パウロの日の朝、舞い戻る。

 安息日のミサその最中、街の広場でかの音色。

 鼠惑いしかの音色。

 男は再び不思議な音色、心を込めて奏でだす。

 それを聞き及びし子供達、笛吹き男に呼び寄せられ
 男の奏でる音たちに、たちまち子供は魅せられん。

 130人もの少年少女、男に導かれんまま街を出で
 山へとひたすら歩み行き、やがて一つの洞窟その前へ。

 男が笛を吹きながら、洞窟の中へと歩み行く。

 子供ら何の迷いなく、後に従いその中へ。

 全てが穴へと入ったならば、洞窟は内より閉じられん。

 やがて大人が気付いた時は、全ては遅く街から子供は消えていた。


物語の伝承によっては、2人の子供だけが街に残ったと伝えている。
  上記は物語として有名だが、1284年に子供たちがハーメルンの町から消滅したのは事実である。その検証については、こちらで。


P57(単行本時追加ページ)[編集]

「常月まとい」紹介[編集]

出席簿「2のへ組」
出席番号22番 常月まとい 超恋愛体質・ストーカー少女
2005・05・18
日付は週刊少年マガジンに掲載された号の発売日

義務[編集]

今話の常月まとい[編集]

今話はたくさん


かゆいところ[編集]

時間ドロボウ[編集]

P46、4コマ目で8時15分、P47の1コマ目で1時45分、P48の1コマ目で4時40分と、物凄い速度で時間が流れている。 ミヒャエル・エンデ『モモ』より。

P56の5コマ目[編集]

糸色望の前に常月まとい。 奥のカーテンにたかし。 教壇の手前にたかしの彼女。 右カーテンにメガネ男。 天井から奥さん。 コマの左下に前田くん。 窓の外に婦警。


4話『僕の前に人はいない 僕の後ろに君はいる』~
← 3話『トンネルを抜けると白かった』5話『ヒジニモ負ケズ ヒザニモ負ケズ』 →

コメント欄[編集]

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。

  • P53、7コマ目は、「やるべー」ではなく「やるべし」ではないですか? -- &new{2008-03-04 (火) 01:44:20};
  • 「KC庁」ってミニパトにも出てますよ。 -- &new{2009-06-16 (火) 20:59:18};
  • P46のパトカーですが、ケンメリではなくジャパン(五代目、C210)ですね。 -- &new{2009-09-26 (土) 20:23:38};
  1. comment