久米田康治ワールド Wikiサイト

人間失格

概要

昭和28年に発表された太宰治の代表作とされる作品
主人公、大葉葉蔵の手記を作者が手に入れ、発表するという形の作品。
本文→青空文庫

久米田康治との関連

絶望先生の造形は主人公大庭葉蔵をモチーフにしていると思われる。

さよなら絶望先生にて

久米田先生が太宰作品の愛読者であるためか、 絶望先生の愛読書となつている。 作品のサブタイトルにも、作品名のパロディや、作品内の一節が使われている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-06 (土) 18:13:08