Tag: じょしらく じょしらく各話


編集

四日目/風邪娘(かぜむすめ)

タイトルの元ネタは『火事息子』(単行本の解説で確定)。

有名な演者は八代目林家正蔵(林家彦六)。

質屋が近火に遭い、店の者が目塗りをしているのを手伝ったのは、勘当になって消息を絶っていた質屋の若旦那藤三郎だった。

編集

作品情報

2009年11月9日発売、別冊少年マガジン12月号に掲載。

編集

P32(扉絵)

編集

張り紙「勧誘お断り」

前回の宗教勧誘ネタから。

編集

カレンダー

10月20日から×がつけられ、31日でようやく○がつけられている。
下の言葉と考えると締め切り延長の過程?

編集

表紙には13Pとあるけど14P描いてしまった巷でちょっと話題のガールズ落語家漫画!

表紙には「プチ増13P」とある。
タイトルロゴの上に「……今回も締め切りギリギリにございます。」とある事から、直前の差し替えと思われる。

編集

手寅「女の子オチ、って書いて女子落って読むの?」
丸京「オチるの好き、って書いても女子落って読むよ。」

編集

P33

編集

1コマ目

編集

めくり「空琉美遊亭丸京

「くうるびゆうていがんきょう」と読める。
「クールビューティー」と「眼鏡(の音読み)」からきていると思われる。

編集

VOCALOID一行。
右から、初音ミク、KAITO、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ。

編集

P34

編集

P35

編集

1コマ目

編集

この漫画は女の子のかわいさを
お楽しみいただくための漫画なので
邪魔なマスクははずれます

編集

2コマ目

編集

掛けられている服

一番左はヤス先生がイラストレーターを務めた竹宮ゆゆこのライトノベル及びアニメ「とらドラ!」に出てくる大橋高校の制服

編集

3コマ目

編集

手寅「いやーこわいね新型インフルエンザ」

一旦は収束に向かいつつあったが、2009年夏頃から南米を皮切りに流行再発。
もともとインフルエンザウイルスは突然変異が起きやすく、様々な変種がある。ちなみに鳥類を媒介に2003年ごろから流行し、タミフル使用の是非が問われていたウイルスはH5N1亜型と呼ばれるタイプで、2009年から流行しているのはH1N1亜型と呼ばれるタイプである。
ちなみに人類を脅かす新種インフルエンザは後200年分は出番を待っており、人類を絶滅に追い込むようなとんでもない強毒性のウイルスが現れても不思議では無いとも云われている。

編集

5コマ目

編集

魔梨威「もう発生から半年経つだろ いつまで新型気どりなんだよ」

半年以上経っても新型を気取っているものの代表例としては、開港から既に20年以上が経過しているにもかかわらず名前に「新」を冠している「新千歳空港」などが挙げられる。

編集

6コマ目

編集

魔梨威「ジャンプだったら終わってるぞ!」

週刊少年ジャンプ』は徹底したアンケートシステムを採用しているため、作品が半年以内(早ければ10週前後)で終了することが頻繁にある。

編集

7コマ目

編集

魔梨威「そろそろ新創刊とか言うなよ恥ずかしい まさか書いてないよな?」

書いてありました。

編集

P36

編集

P37

編集

1コマ目

編集

木胡桃なかよしの付録かよ!」

ニオイが出るシートは小学校低学年向け雑誌などによくある付録。
なかよし」が例なのは講談社出版であり、かつ久米田先生のマガジン移籍時の初代担当者である竹田哲也氏が所属しているからか。

編集

2コマ目

編集

?「一体誰がこすったの!?」
?「犯人は?」

三日目より。

編集

7コマ目

編集

丸京「確か・・・・・・ 医者が一番先じゃなかったっけ」

優先順位は高い方から

  1. インフルエンザ患者を診る医療従事者
  2. 妊婦、持病のある人
  3. 1歳から小学校低学年までの子ども
  4. 1歳未満の乳児の保護者、優先対象だがアレルギーなどで接種を受けられない人の保護者
  5. 小学校高学年、中高校生、持病の無い高齢者
  6. それら以外

となっている。ただし地域によって多少異なる。

編集

8コマ目

編集

苦来「医者ってDr.中●も?」
魔梨威「高●医院長とかも優先順位上なの?」

前者はDr.中松氏。後者は「高須クリニック」の高須医院長。
中松氏は「博士号(ドクター)持ち」が由来と思われるので医者とは本来別。
また、高須医院長も形成外科医のため、インフルエンザ診療に関わることはないと思われる。

編集

9コマ目

編集

魔梨威「私たちはド●ターシー●ボより後か・・・」

「皮膚の専門家が作った」がキャッチコピーのスキンケアコスメ製品ブランド「ドクターシーラボ」より。
実際にシーラボ先生がいるわけではありません。

編集

P38

編集

1コマ目

編集

木胡桃「ブラックジャック先生は 無免許だから受けられないの?」

ブラック・ジャックの項目参照。

編集

4コマ目

編集

手寅「の●ぴーとか打ってそうだよね 予防接種 エ●カ様とか 打ってそうだよね予防接種」

それぞれ酒井法子、沢尻エリカのことと思われる。
酒井法子についてはリンク先を参照のこと。

沢尻エリカはその振る舞いから、「エリカ様」「女王様」としばしばメディアに呼称される。
2009年9月に所属事務所との契約が解除されている。

後者はどうかは定かではないが、打っているのは予防接種ではなく、別のものを示唆していると思われる。
ただし、押尾学が契約解除の報道があった翌日に大麻使用の逮捕があったため、「エリカ様もか?」という風潮になっていた。

編集

P39

編集

4コマ目

編集

木胡桃「こうのとりさんが運んできてくれるの」

コウノトリの項目にもあるように、「赤ん坊はコウノトリがくちばしに下げて運んでくる」という伝説は有名。
さよなら絶望先生でも、41話にて糸色命糸色交に対してホワイトライとして言及している。

編集

P40

編集

3コマ目

編集

丸京「さあ 想像してごらん イマジン」

ジョン・レノンの作詞・作曲の楽曲「Imagine」より。
各パート冒頭の歌詞「Imagine ~」の部分は、訳文では「想像してごらん」とされている。

編集

P41

編集

6コマ目

編集

苦来「すっぱいものが食べたい」

いわゆる妊娠の初期症状とされているが、当然の如く個人差があり、あくまでイメージである。

編集

P42

編集

5コマ目

編集

手寅「音楽?胎教かな?」

編集

P43

編集

2コマ目

編集

苦来「もういっそ符里宮亜(ぷりきゅうあ)って名前にしよう」(連載時)
苦来「もういっそ符里宮亜(ぷりきゅあ)って名前にしよう」(単行本)

アニメ『プリキュア』シリーズより。この発言から直前に木胡桃がかけたアニソンの内容が推察できる。

編集

P44

編集

P45

編集

5コマ目

編集

医者のネクタイ

ジョジョの奇妙な冒険』第四部『ダイヤモンドは砕けない』の登場人物、吉良吉影の愛用ネクタイ。
実際に販売された。

編集

8コマ目

編集

覆面落語家「最後までツッコミなしかよ」

編集

欄外

編集

想像してごらん、覆面落語家の素顔を。イマジン!

久米田先生の原作時点では楽屋にいたメンバーの誰か(キャラの登場順やオチの台詞から恐らく魔梨威)だったようだが、作画段階で増やされたため正体不明に。


Tag: じょしらく じょしらく各話

四日目/風邪娘

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2014-01-24 (金) 14:17:08 (1704d)