Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望放送 ラジオリスト

第32回『フィルタリング・スカイ』 | 第34回『』
編集

第33回『存在の耐えられない薄さ』

2008年4月15日放送。
タイトルは、チェコ出身でフランスに亡命した作家ミラン・クンデラが1984年に発表した小説『存在の耐えられない軽さ』より。
(チェコ語: Nesnesitelná lehkost bytí, フランス語: l'Insoutenable légèreté de l'être )。
内容は冷戦下のチェコスロヴァキアを舞台に、1968年に起こったプラハの春を題材にした恋愛小説。
フランスで発表され、世界的なベストセラーとなり、フィリップ・カウフマン監督によって1987年に映画化された。

ゲスト・上田陽司(臼井影郎、甚六先生役)

編集

今週の標語

編集

03:28 絶望ネーム「鋼鉄神」

2007年にWOWOWにて放映されたアニメ「鋼鉄神ジーグ」より。
上田陽司は考古学者司馬遷次郎を演じている(主役の草薙剣児役は小野大輔)。
前作「鋼鉄ジーグ」との繋がりがある。

編集

03:32「お前が大地を守る防人(さきもり)となれ!」

「鋼鉄神ジーグ」の考古学者 司馬遷次郎(CV:上田陽司)のセリフ。

編集

谷リスク・加賀忍放送

元ネタは「バジリスク〜甲賀忍法帖」+加賀愛+さよなら絶望放送か
今回のゲスト上田陽司が如月左衛門 役で出演している他に蛍火 役で沢城みゆき、服部響八郎 役で杉田智和も名を連ねている。

編集

絶望した!○○に絶望した!

編集

24:04 サイクロップスと、後あの、プロフェッサーXが会話して、後もう一人、僕が当時やっていたオカマの人がいるんですけど、その人が絡んで喋るというボイスサンプル

「X-MEN エボリューション」において、上田陽司はサイクロップス役のほか、スコット・サマーズを演じている。
ただアニメで実際にプロフェッサーXを演じていたのは金山雅弘。
話題に上ったボイスサンプルは「マウスプロモーション」の「上田 陽司」プロフィールのページで現在も聞ける。
http://www.mausu.net/talent/tpdb_view.cgi?UID=82

編集

ジングル

編集

俗・さよなら絶望先生告別式【特番】

編集

では、そろそろ人生も放送もお終いです

編集

34:25 俗DVD第1巻のマ太郎のスカーフ、直ってませんでしたよ。龍輪さん。

俗・第01話Bパートにてマ太郎が1シーンだけ本来身につけていないスカーフを着用しており、DVD版で修正されるかと言われていたが修正されなかった。

編集

お別れの一言

編集

存在感が臼井くん


Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望放送 ラジオリスト

第33回『存在の耐えられない薄さ』
第32回『フィルタリング・スカイ』 | 第34回『』

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS